オール・ユー・ニード・イズ・キル

オール・ユー・ニード・イズ・キル
概要

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(原題: Edge of Tomorrow、別題: Live Die Repeat)は、ダグ・リーマン監督によるアメリカ合衆国のタイムループを題材にしたSF映画である。桜坂洋による日本のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作に、ダンテ・W・ハーパーらが脚本を執筆した。出演はトム・クルーズ、エミリー・ブラントらである。アメリカでは2014年6月6日より3D及びIMAX 3Dで封切りされ、日本では同年7月4日より公開された。 英語圏では "Edge of Tomorrow"(エッジ・オブ・トゥモロー)という題名で公開されたが、日本では桜坂による原作小説のタイトルに準じた『オール・ユー・ニード・イズ・キル』という日本語タイトルで公開された。公開後、英語圏ではソフト発売の際に、映画公開時のキャッチコピーに準じた "Live Die Repeat"(リブ・ダイ・リピート)という英題に変更された。(gooWikipedia)

出演者

トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン  ブレンダン・グリーソン    

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー一覧

7件中1~7件を表示

7件中1~7件を表示