沈まぬ太陽

沈まぬ太陽
概要

『沈まぬ太陽』(しずまぬたいよう)は、1995年から1999年に週刊新潮で連載された山崎豊子による3編に亘る長編小説である。日本航空と、実在する同社社員で同社の労働組合役員である人物の体験に基づいて脚色、再構成されたフィクション社会派作品。単行本・文庫本は700万部を売り上げ、2009年には、映画化された。さらに2016年、WOWOWにてテレビドラマ化された。(gooWikipedia)

「沈まぬ太陽」レビュー一覧

4件中1~4件を表示

4件中1~4件を表示