黒い雨

黒い雨
概要

『黒い雨』(くろいあめ)は、1989年5月13日より公開された原子爆弾(原爆)の恐怖と悲劇を描いた日本映画である。1965年に出版された井伏鱒二の小説『黒い雨』の映画化であり、矢須子に扮した主演の田中好子の演技は高く評価され、公開翌年の第13回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ数々の部門で受賞した。 英語圏ではBlack Rain (ブラック・レイン)という題名で上映された[1]。タイトルは、原子爆弾投下後に降る「黒い雨」のことを指している。(gooWikipedia)

出演者

田中好子 北村和夫 市原悦子 三木のり平

「黒い雨」レビュー一覧

8件中1~8件を表示

8件中1~8件を表示