探偵はBARにいる

探偵はBARにいる
概要

本作の舞台・ススキノの風景 『探偵はBARにいる』(たんていはバーにいる)は、日本の探偵映画のシリーズ。橋本一監督、大泉洋・松田龍平主演。東直己の推理小説シリーズ『ススキノ探偵シリーズ』を原作とする。 第1作『探偵はBARにいる』は2011年9月10日に、第2作の『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』(たんていはバーにいるツー ススキノだいこうさてん)は2013年5月11日に公開された。いずれもPG12作品。2013年5月現在、第3作の制作が予定されている。 北海道札幌市の繁華街「すすきの」のバー「ケラーオオハタ」に入り浸る私立探偵とその助手・高田が、ある事件に巻き込まれながらもその真相を追っていく、ハードボイルドもの。シリーズタイトルにもなった第1作タイトルは、『ススキノ探偵シリーズ』の第1作『探偵はバーにいる』からとられているが、この小説第1作自体は映画化されていない。監督の橋本一を始めとして、脚本の古沢良太、脚本・プロデューサーの須藤泰司、音楽の池頼広と、東映・テレビ朝日製作のテレビドラマシリーズ『相棒』の主要なスタッフが参加している。(gooWikipedia)

「探偵はBARにいる」レビュー一覧

6件中1~6件を表示

6件中1~6件を表示

【おすすめ映画】リチャード・ギア出演の名作選

広瀬すず出演のおすすめ映画作品

おすすめの高倉健出演映画

よく検索されるキーワード