イングロリアス・バスターズ

イングロリアス・バスターズ
概要

『イングロリアス・バスターズ』(Inglourious Basterds)は、2009年のアメリカの戦争映画。監督・脚本はクエンティン・タランティーノ、出演はブラッド・ピット、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロランなど。 舞台は第二次世界大戦中のナチス占領下のフランス。5章に分けて語られる物語の中心となるのは、ナチス・ドイツ指導者の暗殺を企てる二人の主人公、一方はナチス親衛隊大佐(ヴァルツ)に家族を皆殺しにされたユダヤ系フランス人の女性映画館館主(ロラン)と、他方はユダヤ系アメリカ人からなる秘密部隊を率いる米陸軍中尉(ピット)であり、女の復讐劇と男たちの戦いは、ナチスのプロパガンダ映画が披露される夜に彼女の劇場が大炎上してクライマックスを迎える。 2009年5月20日、パルム・ドールを目指して第62回カンヌ国際映画祭で発表された。ワインスタイン・カンパニーとユニバーサル・ピクチャーズの配給で、2009年8月からアメリカとヨーロッパの映画館で公開された。 8月21日に北米3,165館で公開されると、3,805万4,676ドルを稼いで週末興行成績第1位となった。最終的に全世界で3億ドル以上を稼ぎ、『パルプ・フィクション』の2億1,392万8,762ドルを超えてタランティーノの監督映画で最大のヒット作となった。 第82回アカデミー賞では8部門でノミネートされるなど、映画賞も多数獲得した。(gooWikipedia)

出演者

ブラッド・ピット  

「イングロリアス・バスターズ」レビュー一覧

10件中1~10件を表示

10件中1~10件を表示