ディパーテッド

ディパーテッド
概要

『ディパーテッド』(The Departed)は、2006年公開のアメリカ映画。製作会社はワーナー・ブラザース。2002年から2003年に架けて3作品製作された大ヒット香港映画『インファナル・アフェア』のリメイク作品。 監督・製作はマーティン・スコセッシ。出演はレオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォルバーグ。 第79回アカデミー賞作品賞受賞作品(外国映画のリメイク作品としては史上初である)。原題である「The Departed」 とは「分かたれたもの」転じて「体から離れた死者の魂」の意。単純に、「死んでいったやつら」、「逝った野郎たち」とも訳すことができる。R15+指定作品。 この作品でレオナルド・ディカプリオはマーティン・スコセッシと3度目のタッグを組んだ。 また、この作品のビリー・コスティガン役でニューズウィーク誌に「この役でディカプリオの新たな時代が到来した」と絶賛された。 2006年10月6日に全米で公開、日本では翌2007年1月20日に公開され、日米両方で初登場第1位を獲得した。 キャッチコピーは、「男は、死ぬまで正体を明かせない。」。(gooWikipedia)

出演者

レオナルド・ディカプリオ  マット・デイモン  ジャック・ニコルソン  マーク・ウォルバーグ  マーティン・シーン  レイ・ウィンストン  ヴェラ・ファーミガ  アレック・ボールドウィン    

「ディパーテッド」レビュー一覧

4件中1~4件を表示

4件中1~4件を表示